椎間板ヘルニア治療に大切な3つのポイントは

椎間板ヘルニアの症状

椎間板ヘルニアはとても痛みを伴いますし、厄介な病気です。
痛みだけでなく、しびれも伴いますから。
やはりできるだけ早い治療というのが必要になります。

 

まず、覚えておいて欲しいのが、放置してよくなることは無いって事。
これはしっかりと理解しておいて下さい。

 

そして、その症状はじきに日常生活にも影響を及ぼす事。
そこまで症状が広がっていく事です。

 

だからこそ、早めの改善が必要と言ってるんです。
そこまで進んでからでは、改善といっても時間がかかりますからね。

椎間板ヘルニアの原因

実際に何が原因でこういった病気になってしまうのか?
そこをしっかりと理解する必要があるでしょう。

 

■日常生活での動作が引きがねとなる
■椎間板の老化
■骨の老化
■姿勢の悪さからくる背骨の歪み

 

大きく分けるとこういった問題点がありますね。
これをいかに改善していくか、大事になってきます。

 

いきなり重いものを持ち上げる。
これによって椎間板は変形することもあります。

 

また、加齢などに加えて、カルシウム不足などからくる
骨粗鬆症や骨の変形からの原因もあります。

 

後は姿勢ですね。これと重いものを組み合わせると。。。
椎間板ヘルニアの可能性が格段にアップします。
常日頃からの姿勢というのは大事になりますね。

 

これらは予防と共に悪化を防ぐことにもつながります。
自分がどんな状態なのかを意識してください。

椎間板ヘルニアの治療

治療と聞くと、やはり手術を真っ先に思い浮かべますが。。。
治療に手術は危険なんですね。

 

当然後遺症がありますし、神経付近の治療になりますのでリスクが高いです。

 

私は椎間板ヘルニアの治療に悩んでいる人には、必ずこう伝えています。

 

・手術はリスクがあるので使わない
・ブロック注射などは痛みを和らげるだけである
・リハビリなどの負担までを考えて治療する

 

なかなか病院では語ってくれませんが、こういった問題は非常に大きいのです。

 

じゃあ、どうすればいいのか?
もちろん放置してもよくならないので、色んな改善をしていかないといけません。

 

手術の経験談やそれ以外の方法。
そういったものを実際に読んでいただければ、参考になるかと思います。

 

 

椎間板ヘルニアの手術や入院期間リハビリについて

 

私が1日5分で脊柱管狭窄症を完治させた方法はこちら

椎間板ヘルニアの治療に手術は危険です。なぜそういったことを言われるのか?それは手術によるリスクや合併症が危険だからです。確かに名医の手術であれば少しは椎間板ヘルニア完治の可能性は高くなるでしょう。ですが、田舎に住んでいながら、名医の治療を受けるには金銭的にも時間的にも負担が大きいのです。リハビリも当然ありますし、完治するまでは時間もかかります。そういったことを加味するとどうしても手術に頼った治療は難しいのです。今では内視鏡を使った手術などの治療もありますが、それでも負担は大きいです。いかに安全に確実に椎間板ヘルニアを治療するか?それが大事になってきます

 

ヘルニア手術